複合フローリングのデメリット

複合フローリングの健康上のデメリット

フローリングには、下地材の表面に薄く削った天然木の単板を張る複合フローリングと、無垢の木材で作られた無垢フローリングがありますが、複合フローリングには様々なデメリットがあります。まず、健康上のデメリットです。複合フローリングは張り合わせをしているため、接着剤を使用していますが、この接着剤には化学物質が多く含まれています。健康被害につながる化学物質も含まれているので、アレルギーやシックハウス症候群の原因となる場合があります。特に、小さい子供がいる家庭や、何らかのアレルギーを持っている人は注意しなければなりません。こうした健康被害を防ぐため、リフォーム後しばらくは、こまめに換気をするといった対処が必要となります。

その他の面でのデメリット

そして複合フローリングには、無垢フローリングと比べて修復しにくいというデメリットもあります。傷がついたり剥がれたりしたときの修繕が困難であり、経年劣化も目立ちやすくなります。また、快適さという面からもデメリットがあります。無垢フローリングと比べると、どうしても肌触りは無機質なものになってしまいます。複合フローリングは工業製品であるため、一年中同じ肌触りで、木そのもののぬくもりを感じることは困難です。さらに、年を重ねていくことで醸成されていく木の味わいが生まれることもありません。複合フローリングは、値段が安くて防音性や耐久性にも優れていますが、デメリットも存在するということを考慮しておく必要があります。

一口に一戸建てといっても新築と中古の2種類があります。新築と中古を比較する際には価格に関心が向きがちですが、間取り・設備の新しさ・メンテナンス費用など総合的に考えてから決定するようにしましょう。