無垢フローリングのデメリット

天然の木なので床暖房を設置できない

無垢フローリングとは、天然の木をそのまま使用するフローリングのことです。何枚かのベニヤ板を貼り合わせた合板フローリングとは違い、木そのものの良さを感じることができるので支持をする方も多くいます。ですが、無垢フローリングは床暖房に適していないというデメリットがあります。冬場のフローリングは結構冷たくて、寒いものですよね。しかし、無垢フローリングは天然の木のため温度や湿度に反応しやすいので、床暖房の設置をすることはできません。夏場は木本体が膨張し、冬場は逆に縮んでフローリングに隙間ができることもあり、季節による変化が起こりやすいという特徴もあります。また、夏の日差しや紫外線で焼けて変色することもあるのです。

キズや汚れに弱い一面も

また、無垢フローリングは柔らかいのでキズが付きやすいというデメリットもあり、お手入れにも手間がかかります。さらに、汚れの防止や食べこぼしなどに対応するために、オイルやワックスなどをかける必要もあります。それでも水は染み込みやすい素材ですので、無垢フローリングの部屋で過ごすにも気を使ってしまうかもしれません。そして、無垢フローリングは合板フローリングと比べても費用が高く、低予算で抑えるのが難しいというデメリットがあります。ですが、無垢フローリングは湿度を調整する効果があり、自然の木の手触りと温もりを感じることができるものです。キズも風合いを醸し出すと捉えることができれば、無垢フローリングを選ぶのも良いかもしれません。

建売住宅とは、企業が分譲宅地に当該企業がデザインをした住宅を建て、土地付き住宅として販売される住宅です。